2007年 04月 23日

さらば美わしの琉球 19.3.25

美わしの琉球は今日で最後となりました。今後は、「瀬戸の太陽」においで下さい。瀬戸内の魅力を紹介したいと思っています。
a0090721_23175054.jpg

今日で美わしの琉球は最後だ。単身赴任の2年間、デジカメの写真と共に数多くの思い出ができた。沖縄は、自分にとって第2の故郷のような気がしている。さらば美わしの琉球であるが、この後も何度も訪れたいと思っている。
勝連半島の方に単身赴任していた同期が転勤で、荷物を出した後、明朝の航空機に乗るため出てきており、暇だから案内しろという。俺も転勤でまだ荷造りの最中だが、同期のわがままだから仕方ない南部を案内した。写真は昼飯に寄った守礼そば。この2年間、外食する時は守礼そばの完食、いつからか、店員はメニューを持って来なくなりました。

a0090721_2318664.jpg

南部からの帰り、午後3時過ぎになったので、ひょっとしたら沖縄撮影会の時にすれ違った、馬の背中に乗って散歩する犬に出会えないかなと思ったのであの時と同じ道にした。撮影会の時は車4台で道路をふさぐ格好になったので断念したのだった。この日はなんと出会えたではないか。
自分は、これまでどちらかといえばラッキーな人生を生きてきたと思っている。今回もラッキーで会うことができました。

a0090721_23182628.jpg

写真には写ってないが、この他にリードなしの子犬が一緒に散歩している。この馬(ポニーかな?)の背中に乗っている犬は、歩いていないが、バランスをとるのが大変だろうから歩いているのと同じかと思った。
[PR]

# by grmay5 | 2007-04-23 23:41
2007年 04月 15日

糸満漁港 19.3.25

a0090721_2274576.jpg

糸満は沖縄戦最後の激戦地で、ひめゆりの塔など地獄と化した戦場の地だ。糸満漁港は糸満市の西に位置し街の中心地にある。旧暦5月4日には、糸満ハーレーが行われる。1艇42名の那覇ハーリーに比べ小型の船だが、クンヌカセー(転覆競漕)やアヒル取り競争などもありローカル色が強く見る分にはこちらの方が面白い。下の1枚は、糸満市役所海人課のホームページから借用。
a0090721_21563427.jpg


a0090721_21422530.jpg

糸満漁港の南側に公設市場がある。那覇の公設市場は観光客相手に大きいが、ここは地元の人が多いようでいかにも田舎っぽいところがたまらなくいい。1月の垂れ幕やカキ氷、浮き袋が同居しているのが沖縄らしくていいですね。

a0090721_2142422.jpg

沖縄にレストランは似合わない、やっぱり食堂だね。

a0090721_21425694.jpg

昔懐かしいサントリーのトリス風の看板が現役でした。
[PR]

# by grmay5 | 2007-04-15 22:20
2007年 04月 08日

パイパー搭乗 19.3.21

a0090721_21301545.jpg

那覇のフライングクラブで活躍している友人が転勤前にフライトしませんかと誘ってくれたのでお願いした。ただ、その後2回は天気に恵まれず、その次は航空機のトラブルで見送り。4度目の21日は曇りで天気は問題なかったが、トラブルが復旧していないということで断念した。
この21日は、風は弱く最後のウィンドサーフィンには向かない、潮をみると大潮の干潮だ、では糸満沖の岡波島に渡ってスノーケルで珊瑚と熱帯魚を見に行こうと予定を変更して出発したが、糸満の西崎に到着した時に、友人から飛行機のトラブルが直りそうだとの連絡が入り急遽Uターンして空港に向った。
写真は離陸前に着陸する民間機を待っているところ。

a0090721_21304727.jpg

南側から北に向って離陸、すぐに左旋回して慶良間諸島に向う。右手に無人島が見えてくる。

a0090721_2131034.jpg

パイパーは古い機体で40年になるらしい。基本はハンドルにスロットルだ。

a0090721_21312562.jpg

慶良間諸島は那覇の西20kmにある美しい島々だ。

a0090721_21315082.jpg

陸地から浅い珊瑚の部分から深い海へとその色はとてつもなく美しい。

a0090721_2132645.jpg

珊瑚の海がずっとこのままの姿でいて欲しいと思う。

a0090721_21321962.jpg

大潮の干潮で露出しているのが岡波島だ。周囲は古いリーフの岩になっている。右手側は東シナ海側で珊瑚と熱帯魚が沢山いる。珊瑚は昔と比べると無残だが、徐々に復活してきている。
奥は南部方面だ。

a0090721_21323359.jpg

那覇空港に進入した、ポケモン号を待たせての着陸だ。

a0090721_21324918.jpg

旅客機では許されない写真も撮れるのがいいね。

a0090721_2133535.jpg

今日は右席に座らせてもらって、最後まで写真を撮っている。

a0090721_21335079.jpg

着陸後のターミナル方向の写真。

a0090721_213609.jpg

フライングクラブの仲間だ。いろいろな世界があるね。

a0090721_2134413.jpg

レーダーサイトがゴルフボールに見えたので、旅客機の尾翼をティーにみたてて写した。
[PR]

# by grmay5 | 2007-04-08 22:36
2007年 03月 25日

前田食堂 19.2.25

a0090721_11464750.jpg

カンヒザクラは、那覇市のあちこちでも見ることができる。お花見は聞かないね。

a0090721_1147470.jpg

この時期、道端などで金蓮化(キンレンカ)を見ることができる。丸くてかわいい葉っぱと鮮やかな花が印象的だ。

a0090721_11472121.jpg

知り合いと北部へ行って来た。途中で寄った前田食堂。けっこう混んでいました。

a0090721_11473752.jpg

食べたのは肉そば600円だったと思う。ボリューム味とも満点でした。
明日、山口県岩国市の自宅へ引越しします。今日のブログで那覇からのアップは終了ですが、
美わしの琉球はもう少し続きます。
[PR]

# by grmay5 | 2007-03-25 11:58
2007年 03月 18日

宜野湾マリーナ 19.2.12

a0090721_19414282.jpg

宜野湾マリーナに行ってきた。那覇の北、浦添市の次の街だ。移設問題で揺れる米軍の普天間飛行場がある街だが、西側を走る国道58号線からは両方とも町並みに遮られて見えない。
マリーナは、いろいろなイベント会場となる沖縄コンベンションセンターの南に隣接している。初めて行ったが、とても良く整備されておりいい所だった。写真は入り口の看板。

a0090721_194227.jpg

係留できるヨットの数は数えなかったが、百数十隻は大丈夫だと思う。

a0090721_19422837.jpg

ヨットはクルーザータイプのものがほとんどで、外洋まで出ることができる。

a0090721_19423944.jpg

ヨットはいろいろなタイプがあって見ていても楽しい。ちょうど帰ってきたヨットは慶良間諸島の手前でホエールウォッチングからの帰りだと言っていた。今年のくじらは船のすぐ近くまで寄って来てサービスがいいということだった。

a0090721_19425839.jpg

今日ここまで来たのは、このロバートに会うためだ。実は、初対面だ。
昨夜古くからの親友が電話をかけてきて、友達が入港しているはずだから見てきてくれと頼まれたのだ。親友は鹿児島の鴨池港にヨットで生活しており、その際に隣り合わせになって意気投合したそうだ。話せない英語で1時間あまりお邪魔して帰った。40年前に海兵隊員として沖縄に勤務したことがあるとかで懐かしがっていた。この後、台湾に行くそうだ。BOBCATはカナダの山猫らしい。

a0090721_19431131.jpg

ディンギーで練習中の人達がいた。気持ちよさそうだ。遠くに見える島は渡嘉敷です。
[PR]

# by grmay5 | 2007-03-18 20:56
2007年 03月 10日

那覇の夕日 19.2.11/12

a0090721_2292695.jpg

珍しく、休みの日にいい天気が続いたおかげで、夕日が写せた。2日間の夕日のオンパレードです。
3枚目までが11日に瀬長島南側で、ウィンドサーフィンの帰りに撮ったものです。

a0090721_22102545.jpg

冬場の夕日は那覇の西にある慶良間諸島の南側に沈みます。ですから写す時も瀬長島の南側です。夏になるに連れて北へ移動し、ついには慶良間諸島の北側に沈むようになります。

a0090721_22103620.jpg

日没後も釣りを続けている人を写した。空と海がいい色になりました。

a0090721_221050100.jpg

12日の夕日は那覇空港を見下ろせるちょっとした高台からの写真です。この日は雲がなかったので、海に沈む夕日が撮れるかもしれないと思ったのです。

a0090721_22105937.jpg

同じ位置から4枚ほどアップします。夕日が沈むにつれ、微妙に雰囲気が変化します。

a0090721_22331156.jpg

空港だから、旅たつ飛行機が写りこんでくれます。

a0090721_22113078.jpg

やはりというか、海に沈む前に消えてしまいました。海に沈む太陽は雲がないだけではダメですね。
[PR]

# by grmay5 | 2007-03-10 22:33
2007年 03月 04日

サトウキビと識名園 19.2.3/4

a0090721_215447.jpg

タイトルはサトウキビと識名園だが、両者に関係はない。ただ3日と4日に写したものを同時にアップしているだけである。
この冬は意識してサトウキビを撮りに行くことはなかったのだが、なにかの通り道で気に入ったのがあると途中で車を止めて写している。この畑も手前がきれいに収穫の準備がされて後ろにこれからのサトウキビが立っている。共にきれいな状態だったので写させてもらった。

a0090721_2163128.jpg

立派なサトウキビと青空があるとこういう構図になる。

a0090721_2164363.jpg

夕日に映えるサトウキビをシルエットにしたが、電線は外せなかった。

a0090721_217201.jpg

識名園は首里城の南に位置する琉球王朝の別邸で世界遺産に登録されている。

a0090721_2173079.jpg

識名園の造園形式は廻遊式庭園といって、池の周りを歩きながら楽しめるように作られているそうだ。

a0090721_2174352.jpg

赤瓦屋根の木造建築の御殿の中から写した。

a0090721_218370.jpg

この写真はお散歩デジカメの課題「雲」に投稿したものだ。すでに講評してもらったのでアップする。
首里城の南に世界遺産指定の琉球王家最大の別邸「識名園」があり、勧耕台と呼ばれる展望台がある。引用「ここからの眺めでは海が見えません。今は建物が並んで実感に乏しいですが、当時は一面田畑や山で、すごく広く感じられただろうと想像できます。それを利用し、薩摩(島津)や中国からの客にこの景色を見せ、あたかも琉球の領土が他に引けを取らないかのように示したと言われています。
 いろんな知恵を絞って権威を保とうとしたのが感じられます。」ということで、広大にをイメージして撮った。
「キット師匠の講評」
 地平線が低い丘陵で区切られてしまっているので、あまり広さを感じませんね。地上が建物で覆い尽くされている状態では、広さの印象を出すのは難しいでしょう。一面の原野とか田んぼとかならば広さも印象付けられるでしょうけど、これでは無理です。
 地上に陽光が射していないのも印象を悪くしています。白い雲がなんだかよそよそしく見えてしまいますね。大した雲が出ているわけじゃないのですから、数分待てば日が射したのではと思います。
[PR]

# by grmay5 | 2007-03-04 21:33
2007年 02月 24日

沖縄撮影会3 19.1.29

a0090721_20351521.jpg

沖縄撮影会最終日は、飛行機の帰り便に間に合うように南へUターン。中部の琉球村に案内した。ここは沖縄の古い民家を移設してある。また、祭の再現などのイベントもあり沖縄らしい雰囲気が味わえる。

a0090721_20352986.jpg

修学旅行中の高校生、若いということはいいねえ。

a0090721_20354221.jpg

石敢當は道や家の角に置かれるお守りだ。壺もいい感じ。

a0090721_20355755.jpg

使われなくなった赤瓦を積み重ねて塀にしてあった。いいアイデアです。

a0090721_20361022.jpg

沖縄の織物は涼しげなものが多い。琉球絣や芭蕉布などいろいろある。織物の展示は暗いのと電灯の明かりでむずかしい。

a0090721_20362182.jpg

昔のサトウキビ絞り機。水牛に長い木の棒を引かせ、歯車の下の臼の部分でサトウキビを搾り取るようになっている。

a0090721_20363238.jpg

島ジュネーという沖縄風パレードは見ものです。この白いお面の神様はミルクといって、旧暦7月16日のお祭らしい。大きなうちわに仰いでもらうと幸せになれるそうです。

a0090721_20364326.jpg

カジマヤーは旧暦9月7日に97歳の長寿者をお祝いします。童心に帰るということでカジマヤー(風車)を飾ります。

a0090721_20365322.jpg

獅子舞は中国風、琉球の地理的位置を感じます。愛嬌たっぷりにサービスしてくれます。
[PR]

# by grmay5 | 2007-02-24 21:33
2007年 02月 17日

沖縄撮影会2 19.1.28

a0090721_19594048.jpg

1月27日は沖縄撮影会初日、続々と皆さんが到着するのを出迎え合流させなくてはならないから、先着組みも近場で待ってもらう必要がある。昨日到着組みには翔南製糖工場を案内した。思いがけず工場内の見学をさせてもらえるなどラッキーだった。その後、那覇空港南側にある瀬長島で着陸してくる飛行機を撮影してもらいながらみんなの到着を待った。
写真は、ひめゆりの塔、平和祈念公園の後、サトウキビ畑に案内した際に写したもの。サトウキビは5年目に植え替えるようで、サトウキビの節が2つ以上ある状態で寝かせて土を被せる。すると節のところから新芽が出てくるというわけだ。種からじゃないんだね。

a0090721_19595582.jpg

屋我地島というところで、初めてサトウキビの自動刈り取り機を見かけた。大きな農機を導入するには農業規模が大きくないと採算が合わないから難しい。

a0090721_200950.jpg

今年は暖冬、沖縄の平年は曇り空が冬の天気だがこの冬は雨が多かった。桜は、気温が高ければ早く咲くものでもないようで、しっかり寒に当たった方が早いようだ。ということかどうかは判らないが、桜はまだ2分咲き程度だった。

a0090721_2003157.jpg

葉から芽をお土産に準備していたら、夕食会の店に忘れてきてしまった。そこで今帰仁城址で調達することにした。なんのことはない、ここに植えてあるのを知っていたのだ。葉っぱを人数分ちぎらせてもらった。この植物の生命力は強く、葉っぱからでも再生するうまくいけば、写真のような花(この後赤く色づき、先が割れて赤い花弁がのぞく)も見られる。
ちなみに、セイロンベンケイ:アメリカ原産の多肉性の多年草だそうだ。

a0090721_2004734.jpg

海洋博公園内にあるいるかスタジオの水槽に設けられた窓から写した。イルカは人懐っこくて、サービス満点だ。
[PR]

# by grmay5 | 2007-02-17 20:31
2007年 02月 11日

沖縄撮影会1 19.1.26

a0090721_23261022.jpg

沖縄撮影会の画像を3回に分けてアップする。撮影会は27日から29日の2泊3日だが、1日早く来る組と、1日遅くまでいる人といろいろだった。せっかくの沖縄だから隅々まで見ていって欲しいが、時間は限られるので希望など聞いて、まずは定番の守礼門からスタートだ。

a0090721_23264763.jpg

首里城は復元されたものだが、琉球王朝の雰囲気がよく判る。

a0090721_23265923.jpg

建物の赤と空の青、そして月が雰囲気を出しています。

a0090721_23271942.jpg

琉球舞踊が披露されていていました。スローテンポの独特の踊りです。

a0090721_23283689.jpg

首里城の南に金城の石畳がある。観光バスなどのコースからは外れているため、観光客はぐっと少なくなる。

a0090721_23273920.jpg

金城の石畳は急な坂道、途中でシーサー狙いの一枚。

a0090721_23275243.jpg

石畳は、サンゴが岩石化した石灰岩の岩を切り出して並べて作ってある。その下は雨水が流れて溜まるように作られているようだ。水の貴重な島ではならの工夫だと思う。途中で湧き水の水路があって写した。

a0090721_2328640.jpg

石畳の両側は民家で人が住んでいる。狭い道を車やバイクが登ってくる。スミレがそんな生活を見守っています。

a0090721_23282218.jpg

この子は最初、上手に歩いていたのだが途中で転んでしまった。後はお母さんの荷物になっちゃいました。
[PR]

# by grmay5 | 2007-02-11 23:57
2007年 02月 03日

サトウキビ 19.1.22

a0090721_20354213.jpg

お散歩ネットの沖縄撮影会は無事終了した。まさに怒涛の4日間だった。
総勢17名もの集団になると、細かなところまで全ての人に満足してもらうのはむずかしい。どうしても平均的なコース取りをしなくてはならないし、予定の変更にも柔軟に対応できるようにしておく必要がある。なにしろカメラを持ったら、とたんに自己中になるのがカメラ好きの習性だから予定は破られるためにあるようなもんだ。とはいいながらも、ほぼ9割方予定どおり案内できた。ただ天気が曇りで風が強くて寒かったのが残念だった。でも、皆さん楽しんで帰ってくれたようなので嬉しく思っている。こういう大人の楽しみの場を得ることが出来たのは人生の上でラッキーだと思っている。
さて、写真は撮影会前の下見の続きだ。撮影会参加者に1・2本サトウキビをおみやげにしてもらおうと思ってやってきた。畑で働いていた人に話を聞きながらお願いした。

a0090721_20355455.jpg

沖縄のおばあは働き者だ。おじいは人がいい。これは沖縄に住んでいて実感している。結局お金は取ってもらえず、サトウキビは写真のとおり山ほどもらってしまった。この鎌は面白い。サトウキビの皮を剥ぐために先のほうがUの字になっている。必要は発明の母とはよく言ったもんだ。

a0090721_2036891.jpg

アパートの手前にサトウキビの畑があったので、対比の面白さを狙って写した。結局モノクロにしました。

a0090721_20361926.jpg

同じ写真だが、こちらはカラー。共にレタッチしました。

a0090721_20363444.jpg

豊原地区のサトウキビ、当日も立ち寄ったが曇りでした。こちらは日が差していて感じが違います。次回から撮影会の写真をアップします。
[PR]

# by grmay5 | 2007-02-03 21:16
2007年 01月 25日

島ばなな 19.1.8

a0090721_224648.jpg

行き付けの居酒屋といっても一月に一度くらいしかいかないが、撮影会の夕食をセットしてきた。わらじ屋といって友達が来たらいつも案内する店だ。帰りに島ばななをもらった。小ぶりのばななだが、モンキーばななと違って、昔から沖縄に自生しているばななのようだ。青いうちに収穫して売りに出ている。このばななも青かったのを吊るしておいて熟れさせたものだ。味は、やや酸味と濃くがあっておいしい。輸入物のばななと違って量が少ないため、値段はやや高めです。
この週末は沖縄撮影会で17名もの人が全国から集合する。天気予報が芳しくないのが残念だが、楽しんで欲しいと思っている。
[PR]

# by grmay5 | 2007-01-25 23:04
2007年 01月 20日

下見(古宇利島他) 19.1.6

a0090721_2329779.jpg

いよいよ沖縄撮影会が近づいてきた。いろいろ調べなくてはいけないことができたので、あちこち行ってきた。この写真は翔南製糖工場、ここは時間の関係で撮影会前日に進出してくるメンバーしか案内できないのが残念。

a0090721_23292291.jpg

古宇利大橋、こちら側から写したのは初めてかな。

a0090721_23293357.jpg

ここも始めての場所だ。ススキではありません、サトウキビです。

a0090721_23304555.jpg

金城石畳も初めてだ。首里城からすぐのところ、メインの観光コースから外れているから観光客は少ない。

a0090721_23305753.jpg

沖縄撮影会は桜まつりと同じ時期だが、首里城花祭りも27日かららしく、花で大きなシーサーなどを作成中だった。
[PR]

# by grmay5 | 2007-01-20 23:59
2007年 01月 14日

与座 18.12.17

a0090721_20484022.jpg

沖縄本島南部糸満市の東、県道77号線に与座の交差点がある。沖縄の風情がある赤瓦屋根の風景。モノクロの方がいいかなと思った。

a0090721_20485056.jpg

1枚目の左下の部分だ。シーサーと赤瓦はほんとに良く似合う。

a0090721_2049015.jpg

1枚目の左端の屋根のシーサーもいい感じでした。

a0090721_20491131.jpg

与座の交差点から北東方向は、豊原という地区で、サトウキビの畑が広がっている。

a0090721_20492141.jpg

夕方、電照菊は11時以降の深夜電力の時間に電照すると聞いていたが、ひょっとしてと思って更に南へ行ってみた。すると、ありました。で、写真に撮りましたが、できはこんなもの。こういう特殊な条件下の撮影は物も技術も話になりません。とりあえず、今後の課題ということで置いときます。
電照菊は12月の中下旬、正月用の菊の出荷で忙しい。この日の灯りは収穫用のためで、暗くなっても作業が続いているということのようだ。そういえば、この時期、菊を積んだ航空機の深夜貨物便が飛んでいるようです。

a0090721_20493344.jpg

突然ですが、葉から芽のその後です。元気に育っています。
[PR]

# by grmay5 | 2007-01-14 21:29
2007年 01月 07日

エアーフェスタ 18.12.10

a0090721_0204147.jpg

新年明けましておめでとうございます。
今年もみんなが健康でいい年でありますように祈ります。

a0090721_0372346.jpg

写真は去年の積み残し分だ。那覇空港は、民間の国内線・離島線、国際線の他、県警、海上保安庁、陸・海・空自衛隊等が使用する日本一の雑居空港だ。
毎年12月第2週の日曜日が航空自衛隊のエアーフェスタとなっている。ブルーインパルスも展示飛行する。でも、実はこの時期の航空際は季節的に良くない。沖縄の冬は高気圧の縁で曇りの天気が多いからだ。案の定、この日も沖縄らしくない寒い曇天だった。

a0090721_0212336.jpg

それでも那覇の航空際ならではなのが、普段は近寄れない民間機のタクシーする姿をすぐ近くで見ることができるし、離着陸するところも目の前で見ることができる。

a0090721_0213664.jpg

那覇の航空際ならではの写真です。

a0090721_0214722.jpg

今回驚いたのは、大きな大砲レンズのデジカメを抱えた人の多さだ。最前列は大砲レンズの展示会みたいだった。こちらはカメラでは勝負できないから、なんとか構図とかねらいを違えて撮ることにした。
あと、残念だったのは天気が曇りで、展示飛行がいまいちだったことと、民間空港なのでブルーインパルスの曲技飛行がなく編隊飛行の展示しかないということだね。
[PR]

# by grmay5 | 2007-01-07 00:50
2006年 12月 21日

琉球村 18.11.26

a0090721_21414757.jpg

名護を朝出発して那覇のほうへ1時間弱で琉球村に到着だ。琉球村は、昔の琉球の家を移築してあり、古い琉球をまとめて見ることが出来る。昔は、多幸山ハブセンターなる名前で、ハブとマングースの決闘が売りだった。今は動物愛護の法律ができて決闘はなくなり、代わりにハブショーなるものをやっている。
琉球村の開園は8時30分なので、開演前に着ける。観光客で溢れる前に写真を撮ってもらえそうだ。

a0090721_2141584.jpg

前の写真もそうだが、昔を感じるとても素敵な被写体です。

a0090721_214298.jpg

サーターアンダギーを作っていた。後で出来上がりを頂いたが、出来立てはおいしい!!
大きいです、1個100円でした。お茶のサービスもあります。お奨めです。

a0090721_21422765.jpg

赤がわらの屋根も青空に映えていい感じです。

a0090721_21423740.jpg

水牛を動力にでサトウキビを搾るところを見ることができます。皆さん記念撮影を撮っていました。

a0090721_2142517.jpg

島ジュネー(沖縄風パレード)なるイベントで沖縄の年中行事を紹介している。なかなか見ごたえのあるショーです。
[PR]

# by grmay5 | 2006-12-21 22:06
2006年 12月 16日

沖縄撮影会下見 18.11.25

a0090721_1263125.jpg

僕の沖縄勤務も3月末までの予定だが、その前の1月末に全国のお散歩ネットの仲間と沖縄撮影会を行うことになった。キット師匠をはじめ久し振りに会う人、初めての人、総勢16名もの人が集まって行動を共にする。南部、本部、中部と案内する予定だ。
ということで、中部から本部方面の所要時間など、下見に行くことにした。出発してすぐの那覇市内の58号線だ。沖縄の主たる交通手段は車だからけっこう渋滞するし、マナーも良くない。車の右左をバイクがすり抜けていく。この日は土曜の朝だからすいていました。

a0090721_2274174.jpg

満座毛まで1時間10分だった。以前は柵はなく、断崖から下をこわごわ見ることが出来たが、たまに落下事故があるため今では柵がしてある。

a0090721_2275359.jpg

沖縄だからきれいな海を見て欲しい。中部のドライブでもきれいな海をみることができるが、案内するのは古宇利島にする。曇りが普通の冬場だが、晴れて欲しいと望んでいる。

a0090721_228736.jpg

今帰仁城址に行く手前で露地のポインセチアを見かけて写した。空の青と葉っぱの緑に赤の葉がなんともいえず美しいと思います。

a0090721_2281638.jpg

今帰仁城址は世界遺産の一つ、今回は日本一早く咲く桜と共に写して欲しいと思っている。

a0090721_2282522.jpg

美ら島水族館のジンベエザメ、今回は餌をやる時間に合わせて行動する予定です。

a0090721_2283895.jpg

海洋博公園の閉園は午後6時。園内で夕日を撮ろうと待っている間に、今日の出番が終わって訓練をしているイルカの様子を写した。1月末は日没が午後6時以降になって園内での撮影は無理のようだ。
[PR]

# by grmay5 | 2006-12-16 22:35
2006年 12月 12日

夕日 18.11.18

a0090721_23253734.jpg

那覇空港を見渡せる高台といってもたいした高さではないが、空の様子を見て撮りに行った。
ちょうど離陸する飛行機が写りこんでくれた。

a0090721_23254646.jpg

下に位置する建物の屋上に夕日が映えてきれいだった。

a0090721_2326554.jpg

広角で写した写真。

a0090721_2326209.jpg

これは前日に撮ったものだ。

a0090721_23263565.jpg

瀬長島での1枚です。
[PR]

# by grmay5 | 2006-12-12 23:35
2006年 12月 08日

電照菊 18.11.5

a0090721_21184150.jpg

電照菊の写真を撮ろうと思って南部に行った。沖縄のあちこちで電照菊が栽培されている。菊の需要に合わせて出荷するために出荷時期を調整しているわけだ。11月の光の写真を撮ろうと思ったからでかけたんだが・・。
で、途中できれいなハイビスカスを撮った。沖縄で露地の花がきれいに咲いている時期は6月下旬から7月上旬がピークだと思う。そして、涼しくなったこのころもいい。これは台風のせいで、せっかくのきれいな花も台風の風で傷んでしまったら終わりだから、台風前とその影響から癒えたこの時期の花がきれいだということだ。

a0090721_21185225.jpg

バスの停留所だが、沖縄らしい赤がわらのバス停はいいね。

a0090721_2119183.jpg

目的の電照菊は残念ながら電照されていなかったので、昼間の写真です。

a0090721_2119106.jpg

隣りの畑ではサトウキビの仲間が穂を出していた。サトウキビの穂はススキに似ていて、しかも直立ぎみです。この写真の種類は家畜の飼料用かなと思っていいる。確信はない。
[PR]

# by grmay5 | 2006-12-08 21:35
2006年 12月 03日

神の島2 18.10.22

a0090721_12401184.jpg

海人だ。白い道は島の北端のカベール岬まで続いている。そこで遊んでいる4人がいて撮らせてもらった。カワハギの皮を剥いでいるところだそうだ。タコを頂きました、うまかったです。

a0090721_12405535.jpg

一緒にいたワンちゃん。ビールが大好きとかで飲ませてもらっていました。

a0090721_1241977.jpg

ワンちゃんの泳ぎの特訓が始まった。ワンちゃんも大変だ。

a0090721_12415841.jpg

自転車で一周中に椰子の実を見つけた。この島には椰子はなさそうだから、どこからか漂着したのだろう。なにも持ち合わせがないので、海辺で岩にぶつけて種の部分を取り出している途中。この中に椰子のジュースが入っているが、さすがにここまで古くては飲めない。この種の中の内側に1cmくらいの厚さで椰子油が着いているが、半分以上がジュースに溶け込んでいた。この後、お土産に持ち帰りました。

途中で
[PR]

# by grmay5 | 2006-12-03 13:18